2015/11/23 09:57

季節の変わり目

image.jpeg

一緒にカイゼン! M&S Atelier Japan代表の後藤慎一でございます。

 

今年もあと1ヶ月ちょっと。1年過ぎるのが早いなぁ〜と感じます。

 

朝晩は気温が低いのですが、日中はポカポカを過ぎて暑いと感じる時間帯があります。

 

改めて「11月だよね〜」と再確認。

 

空気も乾燥し、風邪など体調を崩しやすい時期です。

 

全ての基本は健康であること、仕事もプライベートも。

 

その為には基本を守ることが重要です。良い睡眠、バランスのとれた食事、うがい・手洗い。

 

「凡事徹底」を心掛けましょう!

2015/11/16 22:01

スイーツ講演会

image.jpeg

一緒にカイゼン! M&S Atelier Japan代表の後藤慎一でございます。 

 

地元橋本出身のプロレスラー、スイーツ真壁こと真壁刀義選手の講演を聞きました。

 

成功と失敗を分けるのは情熱の違い。どんな職種でも大変さは同じ、自分が輝ける場所を見つけることが大切。強い信念は周りの人に影響を与え、力をもらう。

 

本当に感動しました。

 

見た目は怖いけどクレバーな方でした。

 

「本当にスイーツが好き」と仰ってました。

2015/11/09 14:39

エコロジー ∝ エコノミー

image.jpeg

一緒にカイゼン! M&S Atelier Japan代表の後藤慎一でございます。

 

秋晴れは何処へやら、スッキリとしない天候です。

 

さて、11月は標題の「エコドライブ月間」ですが、皆様ご存知でしたか?

 

警察庁、経済産業省、国土交通省、及び環境省で構成する「エコドライブ普及連絡会」にて平成18年に策定され推進されています。

 

恥ずかしながら私は、今年知りました。(あまり強力的にアナウンスされていなかったのか・・・?) 

 

ドイツのVW社の不正問題で注目を集めている「排ガス」ですが、排ガスが少なければ大気にも影響が小さい訳で、それでいて燃料の消費も小さくなるとなれば空気にもお財布にも優しいという行動になる訳ですから、月間と言わずずっと留意しておくことが全てhappy!

 

目的に対して胸を張って必要とされる燃料(経費)はしっかりと使い、しなくても良いのでは?という部分には勇気を持って排除する。

 

(必要経費 × ムダの裏にある満足度)のバランスを上手くとること。車についてのエコは、安全性も寄与しますね。

かなり昔、「ゆっくり走ろう神奈川県」という標語?がありましたが、みんなが意識するような政策施策を掲げて欲しいです。

 

「エコドライブ10」、みんなで進めましょう!

2015/11/02 12:54

What・Why → How へ

一緒にカイゼン! M&S Atelier Japan代表の後藤慎一でございます。

 

太陽が顔を出すと「暖かい」と感じる季節になって来ました。

寒暖差が大きいこの季節、お体には充分お気をつけください。

 

さて今回のブログですが、折につけ感じていることを書きます。

 

日々の業務であるコンサルティングはもちろんのこと、ニュースや良く目に留めることです。

 

目的を見失って周りに流されていることが多いと思うんです。

例えば、今は少し落ち着いた安保法制の参議院国会。

 

憲法第9条は、作られた当時の日本に於いて武力を放棄することが国益であったが、時代は進み世界はリバランスを考えなければならない状況です。

 

9条を守ることが目的ではなく、国益を守ることが真の目的。

 

「 何故、9条を」や「9の何」ではなく、「どのようにして」という考え方、国益の本質を問うべき。

2015/10/26 08:29

熱い人

一緒にカイゼン! M&S Atelier Japan代表の後藤慎一でございます。

 標題の「熱い人」というと誰方を思い浮かべますか?

 

私は、アントニオ猪木さんや森田健作さんなどが思い浮かびます。しかし、現在ではテニスの松岡修造さんが断トツの人気です。ベストセラー、日めくりも第2弾。好調のようです。

 

少し前の時代、この「熱い人」は、クールがカッコ良いとされた周りから浮いた存在、疎まれるような時期もありました。

 

「熱い人」は総じて自分に自信がある方。ブレないポリシーを持った方と思います。

 

過酷な競争社会である現代。勝ち抜くためには人よりも真剣に、一所懸命に、ものごとを深く掘り下げて追及し自分に自信を持つべきであると思います。

 

人は大きく分けて3種類居ると稲盛和夫さんは仰ってます。

 

ひとつ目は、いくら周りが焚き付けても燃えない不燃人。

ふたつ目は、焚きつけると燃える可燃人。

みっつ目は、自ら燃える自燃人。

 

理想はみっつ目の自燃人ですが、せめてきっかけで燃える可燃人が多く居ることが望ましい、、、と。